2-0!リバプール、マンチェスターシティに迫る

北京時間2022年4月24日 23時30分、プレミアリーグ第34節で、リバプールがエバートンを迎え撃った。 前半はグレイのロングレンジシュートがブロックされ、マネのシュートはディフレクト、イオタのミドルシュートはディフレクト、ドゥクールのローキックはディフレクト、サラーの強烈なシュートはキックオフされるなど、攻めあぐねた。 後半、ケイタのロングレンジキックは大きく外れ、ゴードンのローキックは大きく外れ、ロバートソンのヘディングをサラーがアシストし、最後の最後にオリギのヘディングが決まった。 結局、リバプールがエバートンを2-0で下した。 リバプールは全コンペティションで3連勝。 リヴァプールはマンチェスター・シティに追いつき、勝ち点1差に迫る勢いを保っている。

リバプールホームユニフォーム2022/23

エバートンは試合開始から鉄壁のディフェンスで、バックラインを厚くし、それからカウンターアタックの機会をうかがう。 14分、エバートンは裏への抜け出しから鋭い攻撃を仕掛ける。 ボックス左でグレイが中までボールを運び、最後は自らシュートを選択するが、これは前のDFに阻まれる。2分後、ダイレクトボールを受けたゴードンが猛スピードで前進、これはアーノルドに押されて芝生に倒れる。 しかし、レフェリーはファウルを吹かなかった。 このペナルティはやや物議をかもした。

安いジャージ

20分、ついにリヴァプールがゴール前でシュートを放つ。 ボックスの外でボールを受けたマネが振り向きざまにシュートを放つが、これは枠を外れた。 タイトなディフェンスのため、マネは止まってからシュートするまでの時間を早めなければならず、結果的にタッチのコントロールがうまくいかなかった。 その7分後、ロバートソンが左サイドからクロスを送ったが、マークを付けていないイオタに大きくそれる。 こんな貴重なチャンスがなかったのは、ちょっと残念でしたね。

33分、エバートンはボックス右でダイレクトキックを受けたドゥクールが、ファーサイドでシュートを押し込んだが、わずかに枠の上に外れた。 その4分後、ボールを奪ったファビーニョを何度も蹴ったドゥクールにイエローカードが出された。 両者の間で大規模な衝突が発生した。 マネもプッシング行為でイエローカードを受けた。 ハーフタイム、スコアは0-0のまま!

後半はエンドチェンジで再試行された。 47分、リバプールはコーナーキックを得ると、ボックスの外でケイタが胸でボールを止め、大きくシュート。6分、ゴードンがボックス内に侵入すると、マティプが後ろから押し込む。 このペナルティを巡っては、賛否両論があった。 55分、ゴードンがボックス左に侵入し、角度のないところからファーに低いシュートを放つが、これはわずかに枠を外れた。

61分、ついにリヴァプールがゴールを決める! サラーがボックス右からクロスを送ると、ボールはバックポストに飛び、完全に放たれたロバートソンが頭で合わせると、これがゴールに!。 このゴールはクロップ監督を安堵させた。 71分、グレイがボックス手前からロングシュートを放つが、左ポストを大きく外れる。 83分、チアゴの長距離シュートは弾かれた。 84分、交代出場のワンダーキッズ、オリギがゴール前でヘディングシュートを決め、試合を終わらせた。 結局、リバプールがエバートンを2-0で下した。 ランパードは敗退を正当化し、それでもクロップに負けた。

 

 

 

マンチェスターシティ勢いよくタイトルを獲得?

プレミアリーグのタイトル争いは終盤戦に入り、マンチェスター・シティとリバプールのどちらがトロフィーを手にするのかが注目されている。 しかし、とりあえずマンチェスター・シティはプレミアリーグのワトフォード戦に臨むことになったので、この試合の準備と最終結果について見ていこう。

プレミアリーグのタイトル争いは終盤戦に入り、マンチェスター・シティとリバプールのどちらがトロフィーを手にするのかが注目されている。 しかし、今のところ、マンチェスター・シティはプレミアリーグのワトフォード戦に臨むため、プレッシャーを感じている。

マンチェスターシティの近況

現在、マンチェスターシティはチャンピオンズリーグに集中しているが、今シーズン、手が届くところにあるプレミアリーグのタイトルをあきらめるつもりはないようだ。 そのため、最近のプレミアリーグでは前節でブライトンを破って首位を維持するなど好調を維持しており、この試合でもワトフォードを倒すには全力を尽くす必要があるはずだ。

過去10回の対戦で全勝しているシティは、選手層の厚さでも心理面でも絶対的なアドバンテージがある。

サッカーユニフォーム

ワトフォードの近況

紙面上のワトフォードの戦力は、マンチェスター・シティよりも数段劣る。チームが手詰まり状態であり、シティとの刺し違えは当然あり得ないからだ。 結局、選手の力はそこそこで、この試合では引き分けが精一杯なのかもしれない。

試合分析

だから紙面上では、シティがこの試合を取る可能性は十分にあり、私たちにとっては圧勝だ。 基本的には大勝して士気を高めて、チャンピオンズリーグに挑みたいと考えています。