イングランド代表 2022年ワールドカップ

イングランド代表は近代サッカー発祥の地として世界的に認知されており、その雰囲気や伝統から常に世界ナンバーワンのサッカー国として知られています。 しかし、イングランドが世界のサッカー強豪国である根拠はまだ乏しく、特にワールドカップで1回しか優勝していないため、近代サッカー発祥の国として少し恥ずかしい思いをしているのが現状である。 もちろん、イングランドがもっとワールドカップで優勝する機会がなかったかというとそうではなく、最初の3大会には1チームも出場せず、イギリスの4チームのうちどれかが優勝すると思われていたので、1930年代、1934年、1938年にはイングランドチームがなかったのである。

1950年、イングランドは初めてワールドカップに参加した。サッカー王国の第一世代として、「チャンピオン」になることを一つの目標としていたイングランドは、ワールドカップ前の親善試合で、マシューズ、フィニー、ディキンソンといったスター選手を6対1で破り、非常に強いチームとなった。 しかし、イングランドはワールドカップ2戦目でアメリカに0-1で敗れ、ワールドカップ史上初の「コールドゲーム」となり、初のワールドカップ遠征で8位という恥ずかしい結果に終わってしまった。

1992年、イングランド最古のサッカー国であるイングランドで、イングランド・プレミアリーグが正式に創設され、大きな改革が行われた。 以来、30年の努力の結果、プレミアリーグは商業的発展においても競技水準においても世界一のサッカーリーグとなり、世界のサッカーの中心地となったのだ。 プレミアリーグの昇格に伴い、イングランドサッカーも緩やかな改革を始めている。 伝統的なイングランドサッカーは、ロングパスやシンプルで相手ゴールへの直接攻撃を重視するラグビーに近いものだが、他のサッカー強豪国との技術的な差は広がりつつある。

サッカーユニフォーム

イングランドサッカーは苦しい移行を始めている、より多くの外国人選手がプレミアリーグに参加し、異なるスタイルの統合は、アラン・シアラーからベッカム、その後ジェラードランパード、そして現在スターリング、ケイン、フォーデン、イングランド選手はますます技術的に洗練されてきている、技術や戦術能力に加えて、イングランド選手の伝統的なランニングと闘志を保持し、世界のサッカー強国のランクに戻って近代サッカーの原点の国を向上させています。

2022年ワールドカップ イングランドはグループ B に分かれて、同じグループの対戦相手はアメリカ合衆国、イラン、別のプレーオフ チーム、イングランド チーム グループ トップの現在の強さによると多くの問題なし。 最大の試練はベスト8で、ムバッペ・ベンゼマ率いるフランスチームと対戦する可能性が高いが、ディフェンディングチャンピオンを倒すのはかなり難しいだろう。

また、スペイン/ドイツ、またはポルトガル、ベルギーなどの強力なチームのようなゾーンの下半分のチームがありますが、ワールドカップグループ抽選後、ワールドカップ優勝のオッズを更新、ブラジルは5.50オッズでトップを維持し、イングランド戦はフランスと6.50オッズで同点、多くの人々はイングランドがフランスと競合できることを楽観視、加えて、アルゼンチン、スペインと大幅に上回っているオッズ。 ドイツ、これらのチームも最下位になる可能性があり、現時点ではイングランドが優勢である。

2022年のワールドカップも、イングランドサッカー界にとって素晴らしい舞台となるかもしれません。