日本代表のジャージはチームのエンブレムを国旗に置き換える

この記事では、日本代表のジャージを紹介します。 最近、日本のサッカー日本代表がニュージャージーに取って代わりました。 このジャージでは、元のチームのロゴが日の丸になっています。 なぜ日本のチームは30年近く守られてきた伝統をあきらめたのですか。

1921年に設立された日本サッカー協会は、2021年に創立100周年を迎えます。 その一環として、日本チームはワールドカップ予選やオリンピックのサッカーの試合に使用される「日本代表サッカーチーム100周年記念ユニフォーム」を特別に制作しました。

青いジャージは常に日本のサッカーの伝統です。 1930年、日本代表は全国から選抜された選手で構成され、当時は「全国の海を一周する」をコンセプトにチームユニフォームの色が青でした。 6年後、日本チームはベルリンオリンピックと同じ青いユニフォームを着て準々決勝に進みました。

そして、この「日本代表100周年記念制服」は、約90年前のデザインを再版し、100周年記念のロゴを刻印することで100年前に日本を再彫刻した、2つの青いユニフォームのモダンなレプリカです。チームジャージ。 歴史を復元するために、チームのエンブレムの位置も国旗に置き換えられました。

このジャージは、6月3日のジャマイカ戦のキリンチャレンジカップ2021 SAMURAI BLUEと、6月5日のU-24ガーナ代表戦のU-24日本代表で使用されました。 その結果、日本のオリンピックチームはジャマイカ代表チームを4:0で破り、ジャマイカチームはシュートすらしませんでした。ガーナオリンピックチームは0:6で直接負けました。 この点で、タイガーダッドは言葉を失うことしかできませんでした。 この段階では日本のサッカーは強すぎることを認めなければなりません。