日本代表のジャージはチームのエンブレムを国旗に置き換える

この記事では、日本代表のジャージを紹介します。 最近、日本のサッカー日本代表がニュージャージーに取って代わりました。 このジャージでは、元のチームのロゴが日の丸になっています。 なぜ日本のチームは30年近く守られてきた伝統をあきらめたのですか。

1921年に設立された日本サッカー協会は、2021年に創立100周年を迎えます。 その一環として、日本チームはワールドカップ予選やオリンピックのサッカーの試合に使用される「日本代表サッカーチーム100周年記念ユニフォーム」を特別に制作しました。

青いジャージは常に日本のサッカーの伝統です。 1930年、日本代表は全国から選抜された選手で構成され、当時は「全国の海を一周する」をコンセプトにチームユニフォームの色が青でした。 6年後、日本チームはベルリンオリンピックと同じ青いユニフォームを着て準々決勝に進みました。

そして、この「日本代表100周年記念制服」は、約90年前のデザインを再版し、100周年記念のロゴを刻印することで100年前に日本を再彫刻した、2つの青いユニフォームのモダンなレプリカです。チームジャージ。 歴史を復元するために、チームのエンブレムの位置も国旗に置き換えられました。

このジャージは、6月3日のジャマイカ戦のキリンチャレンジカップ2021 SAMURAI BLUEと、6月5日のU-24ガーナ代表戦のU-24日本代表で使用されました。 その結果、日本のオリンピックチームはジャマイカ代表チームを4:0で破り、ジャマイカチームはシュートすらしませんでした。ガーナオリンピックチームは0:6で直接負けました。 この点で、タイガーダッドは言葉を失うことしかできませんでした。 この段階では日本のサッカーは強すぎることを認めなければなりません。

日本代表はアジアで一番強い

日本サッカーは古くからブラジルサッカーの戦術を研究しており、足元のパスやコントロールの基礎がしっかりしている。 日本のサッカー選手は基礎技術が非常にしっかりしており、パスやカットの合わせが得意で、パスやコントロールの能力は抜群である。 日本には常にサッカーに対するプランがあり、そのプランの中に「100年後に日本がワールドカップで優勝する」というものがあります。

今の日本サッカーの総合力はアジア最強であり、ヨーロッパでプレーする選手だけでいくつもの別チームを編成できるようになった。

サッカーユニフォーム

長年にわたり、日本チームはアジアからヨーロッパへ、サッカーの水準と実績の面で脱皮することができましたが、それはすべて、絶え間ないタレントの流入が基盤となっているのです。

初期の三浦知良、中山雅史、中期の中田英寿、中村俊輔、最近の本田圭佑、香川真司、長友佑都、現在の桑原永、武藤敬司などなど、挙げればきりがない。

時代や立場に関係なく、日本サッカーは世代を超えて競争力を持ち続け、日本サッカーの水準がアジアの最高レベルであり続けることを保証しているのです。

海外に滞在した日本人サッカー選手の数は、さすがにアジアの中では群を抜いており、統計によると日本は60人を超える大所帯である。

空井英俊-レアル・マドリード2軍、阿部勇樹-バルセロナ2軍、中島翔哉-ポルト、大迫勇也などです。 –ヴェルダー・ブレーメン、岡崎慎司 -マラガ・リーガ、香川真司 -セルタ(スペイン)。 日本女子代表の強さは言うに及ばず、ワールドカップで優勝した経験もあるのです。また、男子日本代表はアジア選手権で4回優勝しており、これはアジア最多の優勝回数である。

フランスでワールドカップが開催された1998年から、ロシアでワールドカップが開催された2018年まで、日本代表は6大会連続でワールドカップに出場し、そのうちの3大会でベスト16に進出していることが最大の特徴です。 この実績も、間違いなくアジアNo.1です。

現在の日本のサッカーチームは、アジアで最も強いチームの一つであり、もしかしたら最強かもしれないと考えるべきでしょう。 現在、欧州の主要リーグで活躍する日本人選手は50人以上、5大リーグで活躍する日本人選手は13人です。

世界選手権での素晴らしい活躍も相まって、欧米のトップチームとの差は徐々に縮まり、そしてアジア勢との差も広がっているのではないだろうか。