日本代表サッカー選手林大地

ベルギーリーグで日本のサン・トゥーロンの王者として、リン・ダーディが再びゴールを決めた。 リーグ第34節では、ホームで巨人スタンダール・リエージュを3-0で退けました。 28分、サン・トゥーロンにコーナーキックが与えられる。 香川真司がボックス中央でボールを奪い、ノーマークのキャプテン、レスター・ネルがゴール左に向かい、林田がポツンとゴールを決めた。

この時点で、林田をガードしていた黒人のディフェンダーは、日本人が歓喜するのをただ見ているしかなかった。 注目すべきは、主力から遠ざかっていた香川真司がBPLで活躍を続け、アシストと2点目のオーガナイズを加えたことだ。 結局、サン・トゥーロンはリーグ戦で9位に終わり、チームはUEFAカップのプレーオフ第2ステージへの出場を得失点差で逃すことになった。

1997年5月生まれの林は、日本の鳥栖砂丘でプレーした経験を持ち、2021年夏にフリーランスでセント・サルデンに入団しました。 在籍1シーズンでリーグ戦1,832分の出場で7ゴール1アシストを記録している。 偶然にも、彼が得点した8試合はすべて勝利しており、チームにとっても恵みの雨となっている。

林大地は、試合を決定づけるゴールを何度も決め、ケーキの上のアイシングではありませんでした。 第6節では、アウェーでセグンダ・ブルージュに勝利し、この試合の唯一のゴールを決めた。 第7節、ベルショット戦ではチームメイトをアシストし、1-0で敗れた。 第10節、レアル・アントワープ戦では右足でゴールを決め、2-1で勝利した。 5,370人の満員の観客の声援を受けながら、相手を撃破したのである。 また、ヘンク、サーランド・ユナイテッド、コルトレイク、オールド・ラヴィンに敗れた際にも得点を記録している。

その絶好調ぶりから、日本代表チームからも注目されている。 最近では、ベテランの大迫勇也がケガで代表から外れたため、森保も最近調子を上げてきた林を起用した。 ワールドカップのベトナム戦では、1-1の引き分けでベンチ入りした。 日本代表にも初選出された。 かつては無名だった選手が、今では国際的なプレーヤーとして活躍している。

セント・サルデンは日本のチームであり、ここを足がかりに5大リーグで活躍する日本人選手も少なくない。 かつて大活躍した故・冨安健洋氏は、ビアンコネリで名を上げた後、セリエAのボローニャに移籍し、その後アーセナルに移籍した。 BPLでは日本人選手の存在感が強い。 ヘンケの日本人FW伊東純也は、今シーズンすでに8得点18アシストという素晴らしい数字を残しており、2年連続の二刀流が期待できそうだ。 以前、サン・トゥーロンの日本人選手、鈴木優磨は昨シーズン14ゴールを挙げ、ノッティンガム・フォレストへの入団が間近に迫っていた。

しかし、移籍の関係でエキセントリックな鈴木はクラブと仲違いし、結局、日本の国内リーグに復帰することになった。 今シーズンは25試合に出場し、観客動員数も2/3近くに達しており、デビュー戦でこれだけのゴールを決めた林は貴重な存在だ。 来シーズン、絶対的なスターターの役割を与えられたら、10ゴール以上を挙げる可能性も否定できない。