ヴィッセル神戸出航

日本のプロサッカーリーグであるJ1リーグが、4ヶ月以上の中断期間を経て、ようやく再び開幕した。 しかし、再出発後のJ1リーグの最大の変化は降格制度の廃止であり、優勝争いやAFCチャンピオンズリーグ出場へのインセンティブがある上位チームは別として、それ以外のチームは本当に先の見えない旅路に不安を抱えることになったのである。 ヤンヤンにだって「紳士の腹の中」という気持ちはあるはずなのに、なぜJFAはこのようなルールを作ってしまったのでしょうか。 クラブが自分たちの利益のために運営する方法が増えたことを黙認しているのだろうか。 結局のところ、テレビ収入だけに頼っていては、多くのチームが欧州リーグで活躍する大物外国人ベテラン選手を抱えていることを念頭に置き、膨大な経費の問題を解決できないかもしれない。 だからJリーグも、何のためにそんなリスクを冒してまで、一部のファンがスタジアムに入って観戦することを計画しているのか、皆も理解しているはずだ。

だから、今シーズンの日本のプロサッカーリーグは、もっと「ネタ」があるはずだ。J2の開幕早々に、選手のプロ意識を単純に信じているヨーヨーのような人間でさえ、3対0でリードした後の徳島ワールプールのパフォーマンスに耐え切れず、特に最後の4点目を取った愛媛の、徳島ワー プールの GK、もう少しいいプレーができたのでは? そのため、YOYOは常々、今シーズンの日本サッカー、特に下位と中位チームの対戦にはファンが慎重になるべきだと提唱している。徳島ワールプールのバックライン以上にショボイパフォーマンスが見られるかどうか、楽しみに待つことにしよう。 どうしても勉強したいのであれば、今回の神戸ビクトリーシップとサンフレッチェ広島のように、全体的に強く、目標が明確なチームを見つけてスタートしなければなりません。

Jリーグは1戦のみ行われ、その後100日間の中断があったが、広島サンフレッチェは強豪鹿島アントラーズを3対0で下し、その采配は悪くなかったと思う。 契約満了でチームを去った選手のうち、主力ストライカーのブラジル人外国人セルジーニョ(長春亜泰に移籍)と、代わりのセンターバックの韓国人選手チョン・ソンヒョン(蔚山現代に移籍)だけが重要選手とみなされているのだ。 新監督のザゴも当時はワールドクラスの選手であり、バルティがローマでセリエAのタイトルを取るという夢を実現させたことが、彼のキャリアにおける最大の功績であった。 しかし、サンフレッチェに負けたのだから、首脳陣の強さは折り紙付きだ。 そして、今回の広島の神戸訪問は、今シーズンどこまで通用するかが試されることになる.

イニエスタはまだチームにいるし、ダビド・ビジャはここで引退、ルーカス・ポドルスキは退団したばかり、今季はベルギーのスター、ベルマーレンを迎え、さらに昨年加入したサンペールを加え、神戸ビクトリーの3大外国人は、常に国際感覚豊かにチームを運営する。 神戸・葛飾は全員「メイド・イン・バルセロナ」、さらにハンブルクから戻ってきた酒井高、ベテランの山口、そして監督は元ドイツ代表でバイエルンのスターであるフィンケである。 このメンバーなら、書類上、神戸ビクトリーシップはAFCチャンピオンズリーグの出場権を獲得しているはずだと言ってもいい。 昨シーズン、チームは天皇杯を制し、AFCチャンピオンズリーグの出場権を獲得したものの、リーグ戦では8位にとどまり、満足とは言いがたい結果だった。 したがって、今シーズンのカムバック、神戸ビクトリーシップは、出航することになるのです。

Jリーグジャージ

しかし、1次リーグでは、日本の「伝説のベテラン」たちが率いる昇格組の横浜FCをホームで倒せず、1対1のスコアラインは実は少し残念だった。 もし、リーグ中断がなければ、神戸は自分たちとサンフレッチェの調子から、2次リーグを優位に進めることができなかったかもしれない。 しかし、神戸ビクトリーシップは、今のところ、優勝の可能性はずっと高いのでしょうか? 実は、サンフレッチェにとって、チーム名の通り、本当に3本の「矢」を用意して相手を狙う–平たく言えば、「勝つための3大要素」があるのだ。 ひとつは、神戸のDF酒井高が数々の戦歴を持つベテランでありながら、年初に病気にかかり、今は回復しているが、この年齢の選手としては、チームの練習形態や進度に大きな影響を与えていることである。

次に、このチームがリーグ戦で成功を収められない最大の理由は、チームがあまりにも「贅沢」であるためにローテーションが多くなり、先発メンバーが不安定になっていることだ。特に前線は、昨シーズン、ダビド・ビジャ、ルーカス・ポドルスキら5人のストライカーのうち4人がリーグ戦23試合以上、2人が30試合以上出場している。 ハルクの28試合出場はそれほど多くなく、ポドルスキは試合出場機会が最も少ない代役でも13試合出場した。 この年の暮れには、この2人がチームを去り、このストライカーたちは本当に限られた効率しか残せなかった。 3つ目は、冒頭でヨーヨーが言った点ですが、これだけ豪華な陣容だと諸経費も膨大で、今のビジネスをどう維持するか、もっと皆で考えるべき問題ではないでしょうか? この強さなら、天皇杯で優勝してAFCチャンピオンズリーグに出場できれば、リーグ戦の順位は関係ないとさえ言えるかもしれない。

上記の情報を私の独占的確率データに置き換えると、この試合に勝つ確率は17.78%しかなく、引き分ける確率は46.94%、広島サンフレッチェが勝つ確率は35.28%である。 さて、サンフレッチェは勝利の船のマストを撃ち抜くのでしょうか。 結果は、試合終了のホイッスルが鳴るまで待つしかない。

 

 

 

川崎フロンターレAFCチャンピオンズリーグライバルズ

I.オフシーズンの総括と最近の業績

川崎フロンターレ、2018年シーズンもJリーグ王者として活躍。

川崎フロンターレは、今シーズンここまで公式戦3試合を行い、1勝2分けで無敗をキープしています。 プレシーズンのアペタイザー・スーパーカップで浦和レッドダイヤモンズに1対0で勝利してシーズンをスタートし、Jリーグの新シーズンではFC東京と鹿島アントラーズに連続の引き分けを経験した。 この3つの相手はいずれも比較的強いチームであり、たとえ相手があまり良くなくても、無敗を維持することは決して許されない結果ではなかった。

川崎はAFCチャンピオンズリーグに向けて戦力を温存しているのだろうか。 いや、川崎はリーグ戦の2戦で先発メンバー全員を出場させている。 そして鹿島との試合では、川崎は昨年のAFCチャンピオンズリーグ優勝チームに対して、ポゼッション65%、シュート20本と圧倒的に優勢だった。 しかし、先制点を奪われた後、後方でミスを犯し、反撃に遭い1-1で引き分けた。

川崎の新シーズンは開幕したばかりだが、新シーズンの守備陣はまだ本調子ではない。

勝敗はともかく、ここ数試合、川崎のディフェンスには隠れた問題があり、谷口彰悟と奈良竜樹のセンターバックコンビは時限爆弾のような役割を果たしている。 谷口は前の試合で極めて致命的なヘディングシュートを決めており、相手がワンツーを決めなかったのが幸いした。 相棒の奈良竜樹は、鹿島の失点の原因(同点ゴールを決めた伊藤翔にボールを投げ飛ばされた)となっただけでなく、第1戦では極めて悪質なファウルを2つも犯している。 審判の目からは逃れましたが、VAR技術を導入していないとして、メディアやJリーグから多くの批判を浴びました。

II.主なプレースタイルと先発メンバー予想

今シーズンで3シーズン目となるゴーストウッダ監督の戦術は、ほとんどが4231のフォーメーションです。

主な予想ラインアップは以下の通りです。

GK:鄭成功/ウイングバック:車屋紳太郎、的場和明/センターバック:奈良竜樹、谷口晃晃/ダブルバック:森田英正、大島武良/ウイングバック:親明弘、小林陽/フロントバック:中村健三/ストライカー:ダミアンの各選手

ウイングが1人いるように見えるが、実際は攻撃的な選手が多く、そのため昨シーズンはJリーグ最多の57得点を挙げている。 川崎のウイングバックは、全員が攻撃力に優れ、守備よりも攻撃的で、オフ・ザ・ボールや斜めのクロスを得意とする。 ウイングの小林豊はすでにストライカーとして活躍しており、2017年のJリーグではゴールデンブーツとMVPを獲得し、昨シーズンも15ゴールを挙げることができ、非常に優れたスコアラーであることがわかります。 一方、親のアキヒロは昨年のリーグMVPで、チームに次ぐ得点王とアシスト王に輝いた。

これだけアタッカーがいるにもかかわらず、川崎は攻撃的なチームではなく、守備にも長けており、昨シーズンのJリーグでの失点は27と、2番目に少なかったFC東京(7)を大きく上回った。 特にMFの森田英正は、攻撃と守備の切り替えが自在にできる川崎の源流といえる存在だ。 もともと組織力を担当する大島は守備的なプレーで批判されることが多く、もともと守備の強いパートナーだったネトは昨シーズン序盤に名古屋に売却された。 そのポジションの大きな空白を埋めたのが、当時大学を卒業したばかりの盛田で、彼はチームから与えられた任務を十二分に果たし、大島の穴埋め以上の活躍をしたのである。

国際的なプレーヤーである盛田英利は、チームにとって非常に重要な存在である。

森田は、大島に劣らないボールコントロールと前への推進力を持ち、フィールドの広い範囲をカバーすることができる。 大学卒業後1年目にしてJリーグのベスト11に選ばれた盛田は、先日行われたアジアカップの日本代表の最終メンバーに選ばれたが、大会前に怪我で辞退している。

三. キープレイヤー 中村健子

 

日本サッカーユニフォーム

38歳の中村憲剛は、2016年のJリーグ開幕以来、36歳という最年長でMVPを獲得し、全盛期を過ぎていないようです。 そして、3年経った今でも、彼は健在で、チームの中心的な存在である。リーグ第2節の鹿島戦では、キックオフ直後に中村憲剛のフリーキックで川崎の今季初ゴールを決め、2年連続で新シーズンのクラブ初ゴールを記録している。 また、15シーズン連続で得点を記録している。

 

 

ガンバ大阪は着実に前進している

サッカーエーススナイパー

ガンバ大阪はここ2戦連続で引き分けを喫しているが、アウェーで戦い、フィジカル面で劣勢な状況をゴールで挽回したことは十二分に評価できる。 ディフェンスのスピードはかなり向上しています。

ガンバ大阪ユニフォーム

今シーズンの日本リーグ2で大分三神が9位にランクイン。ラインナップの上限は非常に高いが、チームの得点効率は上がらなかった。今、どんな相手と対戦しても全員だ。クレイジーアタックは相手に大きなプレッシャーをかける可能性があり、相手の準備ができていない場合は有利になりやすいですが、相手が事前に予防策を講じると、相手ができない状況に陥りやすくなります。攻撃して防御することはできません。彼らは以前に大阪さくらに対して壊滅的な敗北を喫しました。

サッカーユニフォーム

ガンバ大阪に直面すると、相手もペースの速いゲームが得意で、彼らよりも経験と攻撃能力が高く、対決においても大きなアドバンテージを持っているため、大分三線の定式化は活用されません。ガンバ大阪は大分三線に対して6試合無敗を維持しており、今回も大分三線はがっかりするかもしれません。

清水エスパルスのスタッフが6700万ドルを横領、その6年後に発見

サッカーユニフォーム

北京時間8月3日、以前日本のJ1リーグのチーム清水ハートビート公式ウェブサイトは、前の清水ハートビートのクラブ会計が6年間で6700万円(約380万元)を横領してクラブを解雇され、さらにクラブ社長の茂雄ゾバンも次の四半期に元の給与の30%に減少するという声明を発表しました。 清水ハートビートの公式サイトに掲載されたこのニュースは、発表されるやいなやファンの間で大きな議論を呼んだ。 1週間あまり前、日本のメディア夕張フジは、イニエスタとトーレスの移籍に関連して、Jリーグがアジアで最もプロフェッショナルなリーグだとし、中国リーグは金でしか魅力を感じないと発表していたのだ。

呉少聰

多くのファンがコメントで答えているが、これはアジアで最もプロフェッショナルなリーグなのだろうか? 少なくとも私は、清水の件は、会計士が6700万ドルという巨額を不正に流用し、クラブがそれを知ったのが6年後という、極めてプロ意識の低いものだったと個人的に思っている。少なくとも、中国スーパーリーグでそんな話は聞いたことがない。

清水エスパルスジャージー2022

清水の胸の内は、「某氏がクラブの経理部長時代に6年間で6700万円を横領したとしてクラブを解雇され、同時に来季の雑破茂雄氏の年俸が従来の3割に減額されることになった。 茂雄は、みんなに謝り、二度とこのような不祥事を起こさないように、一日も早くクラブの名誉を回復するように努力すると言った。