ヴィッセル神戸出航

日本のプロサッカーリーグであるJ1リーグが、4ヶ月以上の中断期間を経て、ようやく再び開幕した。 しかし、再出発後のJ1リーグの最大の変化は降格制度の廃止であり、優勝争いやAFCチャンピオンズリーグ出場へのインセンティブがある上位チームは別として、それ以外のチームは本当に先の見えない旅路に不安を抱えることになったのである。 ヤンヤンにだって「紳士の腹の中」という気持ちはあるはずなのに、なぜJFAはこのようなルールを作ってしまったのでしょうか。 クラブが自分たちの利益のために運営する方法が増えたことを黙認しているのだろうか。 結局のところ、テレビ収入だけに頼っていては、多くのチームが欧州リーグで活躍する大物外国人ベテラン選手を抱えていることを念頭に置き、膨大な経費の問題を解決できないかもしれない。 だからJリーグも、何のためにそんなリスクを冒してまで、一部のファンがスタジアムに入って観戦することを計画しているのか、皆も理解しているはずだ。

だから、今シーズンの日本のプロサッカーリーグは、もっと「ネタ」があるはずだ。J2の開幕早々に、選手のプロ意識を単純に信じているヨーヨーのような人間でさえ、3対0でリードした後の徳島ワールプールのパフォーマンスに耐え切れず、特に最後の4点目を取った愛媛の、徳島ワー プールの GK、もう少しいいプレーができたのでは? そのため、YOYOは常々、今シーズンの日本サッカー、特に下位と中位チームの対戦にはファンが慎重になるべきだと提唱している。徳島ワールプールのバックライン以上にショボイパフォーマンスが見られるかどうか、楽しみに待つことにしよう。 どうしても勉強したいのであれば、今回の神戸ビクトリーシップとサンフレッチェ広島のように、全体的に強く、目標が明確なチームを見つけてスタートしなければなりません。

Jリーグは1戦のみ行われ、その後100日間の中断があったが、広島サンフレッチェは強豪鹿島アントラーズを3対0で下し、その采配は悪くなかったと思う。 契約満了でチームを去った選手のうち、主力ストライカーのブラジル人外国人セルジーニョ(長春亜泰に移籍)と、代わりのセンターバックの韓国人選手チョン・ソンヒョン(蔚山現代に移籍)だけが重要選手とみなされているのだ。 新監督のザゴも当時はワールドクラスの選手であり、バルティがローマでセリエAのタイトルを取るという夢を実現させたことが、彼のキャリアにおける最大の功績であった。 しかし、サンフレッチェに負けたのだから、首脳陣の強さは折り紙付きだ。 そして、今回の広島の神戸訪問は、今シーズンどこまで通用するかが試されることになる.

イニエスタはまだチームにいるし、ダビド・ビジャはここで引退、ルーカス・ポドルスキは退団したばかり、今季はベルギーのスター、ベルマーレンを迎え、さらに昨年加入したサンペールを加え、神戸ビクトリーの3大外国人は、常に国際感覚豊かにチームを運営する。 神戸・葛飾は全員「メイド・イン・バルセロナ」、さらにハンブルクから戻ってきた酒井高、ベテランの山口、そして監督は元ドイツ代表でバイエルンのスターであるフィンケである。 このメンバーなら、書類上、神戸ビクトリーシップはAFCチャンピオンズリーグの出場権を獲得しているはずだと言ってもいい。 昨シーズン、チームは天皇杯を制し、AFCチャンピオンズリーグの出場権を獲得したものの、リーグ戦では8位にとどまり、満足とは言いがたい結果だった。 したがって、今シーズンのカムバック、神戸ビクトリーシップは、出航することになるのです。

Jリーグジャージ

しかし、1次リーグでは、日本の「伝説のベテラン」たちが率いる昇格組の横浜FCをホームで倒せず、1対1のスコアラインは実は少し残念だった。 もし、リーグ中断がなければ、神戸は自分たちとサンフレッチェの調子から、2次リーグを優位に進めることができなかったかもしれない。 しかし、神戸ビクトリーシップは、今のところ、優勝の可能性はずっと高いのでしょうか? 実は、サンフレッチェにとって、チーム名の通り、本当に3本の「矢」を用意して相手を狙う–平たく言えば、「勝つための3大要素」があるのだ。 ひとつは、神戸のDF酒井高が数々の戦歴を持つベテランでありながら、年初に病気にかかり、今は回復しているが、この年齢の選手としては、チームの練習形態や進度に大きな影響を与えていることである。

次に、このチームがリーグ戦で成功を収められない最大の理由は、チームがあまりにも「贅沢」であるためにローテーションが多くなり、先発メンバーが不安定になっていることだ。特に前線は、昨シーズン、ダビド・ビジャ、ルーカス・ポドルスキら5人のストライカーのうち4人がリーグ戦23試合以上、2人が30試合以上出場している。 ハルクの28試合出場はそれほど多くなく、ポドルスキは試合出場機会が最も少ない代役でも13試合出場した。 この年の暮れには、この2人がチームを去り、このストライカーたちは本当に限られた効率しか残せなかった。 3つ目は、冒頭でヨーヨーが言った点ですが、これだけ豪華な陣容だと諸経費も膨大で、今のビジネスをどう維持するか、もっと皆で考えるべき問題ではないでしょうか? この強さなら、天皇杯で優勝してAFCチャンピオンズリーグに出場できれば、リーグ戦の順位は関係ないとさえ言えるかもしれない。

上記の情報を私の独占的確率データに置き換えると、この試合に勝つ確率は17.78%しかなく、引き分ける確率は46.94%、広島サンフレッチェが勝つ確率は35.28%である。 さて、サンフレッチェは勝利の船のマストを撃ち抜くのでしょうか。 結果は、試合終了のホイッスルが鳴るまで待つしかない。

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.